脂質異常症(4) コレステロールの吸収を抑える物質「植物性ステロール」

前回は脂質異常症の予防方法として生活習慣の改善,特に食生活について詳しく見てきました。今回は食生活改善の強い味方になる「植物性ステロール」についてご紹介いたします。

コレステロールの吸収を抑えてくれる味方!!

コレステロールが溜まってしまうと心筋梗塞や脳梗塞などの原因になってしまうことは,以前に触れたとおりです。よって,コレステロール値の高い人はコレステロールを多く含む食品を控えることが,食生活の中で大切なポイントです。

それと同時に,コレステロール値を低下させたり,吸収を抑える食品を選ぶことも大切です。中でも「植物性ステロール」という物質はコレステロールの吸収を妨げてくれます

植物性ステロールがコレステロールの吸収を妨げるしくみ

食事で摂ったコレステロールは「ミセル」という粒子(コレステロールや脂質を運ぶ役目)に入って小腸で体内に吸収されます。

その「ミセル」に植物性ステロールが入り込むことにより,コレステロールの体内吸収を妨げます。

131022-01.jpg

「ミセル」に入り込めなかったコレステロールは体内に吸収されず,体外に排出されます。一方,コレステロールの代わりに「ミセル」に入り込んだ植物性ステロールは,体内にほとんど吸収されません。

だから,植物性ステロールを摂取することによってコレステロール値を抑えることができるようになるのです。

植物性ステロールとは

コレステロール値が気になる方の強い味方,植物性ステロール。コレステロールとの比較の中で,この物質にてついて少し詳しく見ていきましょう。

131022-02.jpg

豆類・穀類の胚芽に由来

植物性ステロールは植物の細胞を構成する成分の1つで,広く植物に含まれています。特に豆類や穀類の胚芽に多く含まれています。

「植物性」の意味

植物性ステロール,コレステロールともに脂質の一種ですが,植物性ステロールは「植物の細胞膜構成成分」,コレステロールは「動物の細胞膜構成成分」です。

体内に吸収されない

コレステロールは体内に吸収されるのに対して,植物性ステロールはほとんど吸収されません。

植物油から

植物性ステロールは植物油の抽出工程で得られます。

おわりに

コレステロールの吸収を抑えてくれるありがた~い物質,植物性ステロールについてご紹介してきました。

先に見たとおりに,この物質は豆類や穀類に多く含まれていますが,実は植物性ステロールをを効率的に摂取し,コレステロールを下げることのできる食品があります。次回はその食品についてご紹介いたします。

関連記事


泌尿器科健康メルマガ登録無料配信中!
病院から大切なお知らせ、また、病気の予防や生活改善の情報など、
皆様のお役に立つ情報を配信しております。 もちろん、無料。登録も簡単です。お気軽にご登録下さい。
※携帯電話からご登録の方はkaguuro@gmail.comにメールを送信し,osirase@mm.kagu-uro.or.jp からのメールを受信できるように設定して下さい。

ご質問、お問合せはお気軽に旭川市の泌尿器科病院 神楽岡泌尿器科まで!
URL:http://www.kagu-uro.or.jp/
お電話、メールにてお受けしております。簡単に症状のなどのお問い合わせもいただけます。営業日時をご確認のうえ,お気軽にお問合せ下さい。
メール: kaguuro@gmail.com
電話:0166-60-8580
※下記の内容は必ずお書き下さい。
お名前,年齢,性別,お問合せの内容(病状・心配なことなどなど詳しく。例:尿もれ前立腺肥大,性病,包茎,腎臓,泌尿器ガン,夜尿症,不妊症,その他

テーマ : 健康
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kaguuro

Author:kaguuro
神楽岡泌尿器科
http://www.kagu-uro.or.jp/


お問い合わせはおメール・お電話にてお受けしております。簡単に症状のなどのお問い合わせもいただけます。お気軽にお問合せください。

メール:kaguuro@gmail.com
電話:0166-60-8580
(営業日時をご確認ください)

※下記の内容は必ずお書きください。
お名前
年齢
性別
お問合せの内容
(病状・心配なことなどなど詳しく)
例:性病・尿失禁・前立腺・包茎・腎臓・泌尿器ガン・夜尿症・不妊症・その他

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
Facebookページ
google+ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
リンク
相互リンク大募集!リンクフリーです。勝手に貼っていただいて結構です。わざわざご連絡いただける場合は、お気軽に、トラックバック、メール、メールフォーム、コメントなどメッセージ送ってください。よろしくお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: