知っておきたいHIV検査のながれ【HIV検査について 3/7】

HIV検査のながれ

保健所でのHIV検査は、通常検査即日検査があります

保健所でのHIV検査は、匿名・無料で行われています。
これまでは、検査を受けてから結果が出るまで、1~2週間かかりました。(通常検査と呼んでいます)
しかし、検査を受ける人は少しでも早く結果を知りたいということもあり、
あらたに検査当日に結果がわかる、即日検査を行う保健所を増やそうとの動きがあります。
ここでは、その流れの違いを説明しています。

安心と早期発見のためのHIV検査

検査結果が陰性

HIVに感染していません

ただし、感染の心配がある行動から3ヶ月以上たっていない場合は、 3ヶ月以上たってから、もう一度検査を受けましょう。
また、感染の心配がある行動から3ヶ月以上経過していて、その後、そしてこれからも感染の心配がない行動を続けていれば、 HIVに感染することはなく、今後は検査を受ける必要はありません。

検査結果が陽性

HIVに感染していると思われます

医療機関でさらに精密んば確認検査を受けます。
もし、確認検査で陽性となったら、本当にHIVに感染していることがわかります。

安心と早期発見のためのHIV検査

検査結果が陰性

HIVに感染していません

通常検査の陰性結果と同じです。

検査結果が陽性

確認検査が必要です

ただし、感染していなくても陽性となること(偽陽性)が100人に1人くらいの輪依頼でありますので、 さらに精密な検査を行う必要があります。

さらに詳しいことは遠慮なく当院へお尋ねください

神楽岡泌尿器科は気軽に緊張せずに受診していただける病院です。病状がひどくならないうちにご相談ください。

医療法人 神楽岡泌尿器科
北海道旭川市神楽岡5条5丁目1-25
電話:0166-60-8580(月・火・木・金 9:00~12:30、14:00~18:00/木・土 9:00~12:30/日・祝 休診)
メール:kaguuro@gmail.com(当院院長、渋谷秋彦に直接届きます)
ホームページのお問い合わせページ(当院院長、渋谷秋彦に直接届きます)

スポンサーサイト



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

どうしたらいいの?HIVの感染検査を受けるタイミング【HIV検査について 2/7】

安心と早期発見のためのHIV検査

検査を受けるタイミングは?

感染のことが心配になったときには、まず相談しましょう。

従来は、確かな結果を得るために、感染の可能性の機会から3ヶ月(ウインドウ期)を過ぎてからの検査をすすめていました。
しかし、もし、感染の不安を抱いているのなら、保健所や電話相談、サポート期間を利用してみてください。
感染の早期発見や感染予防につながる重要な情報を知ることが出来ます。
また、検査の意味を十分理解した上で、早い時期での検査もうけられます。

安心と早期発見のためのHIV検査

安心と早期発見のためのHIV検査

感染の不安があるってどういうこと?

HIVに感染している人と、感染していない人をみわけることはできます。
だから…

■よく知らない人や複数のパートナーとセックスをしたことがある。
■注射の回し打ち、刺青(タトゥー)、ピアッシング(ピアスの穴をあけること)器具の使い回しをしたことがある。

そんな時、感染の不安があるということです。

特定のパートナーなら大丈夫?

今付き合っているパートナーは1人でも、そのパートナーが過去に付き合っていた人のなかにHIV感染者がいたら、パートナーが感染している可能性があります。

HIV感染とウインドウ期のこと

安心と早期発見のためのHIV検査

さらに詳しいことは遠慮なく当院へお尋ねください

神楽岡泌尿器科は気軽に緊張せずに受診していただける病院です。病状がひどくならないうちにご相談ください。

医療法人 神楽岡泌尿器科
北海道旭川市神楽岡5条5丁目1-25
電話:0166-60-8580(月・火・木・金 9:00~12:30、14:00~18:00/木・土 9:00~12:30/日・祝 休診)
メール:kaguuro@gmail.com(当院院長、渋谷秋彦に直接届きます)
ホームページのお問い合わせページ(当院院長、渋谷秋彦に直接届きます)

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

これだけは知っておきたい! 安心と早期発見のための HIV 検査【HIV検査について 1/7】

HIV検査ってなに?

安心と早期発見のためのHIV検査

エイズの原因となるHIVに感染しているかどうかを調べる血液検査のことです。
少量の血液(約5cc程度)を採って、血液の中にHIVの抗体ができている(陽性)か、できていない(陰性)かを調べます。

HIVって?

Human ヒト
Immunodeficiency 免疫不全
Virus ウィルス

の頭文字をとって命名された、いわゆる「エイズウイルス」のことです。
HIVは免疫組織に打撃を与え続け、いろいろな病気に対する抗体力を少しずつ身体からうばっていきます。


検査はどこでうけられるの?

保健所、医療機関等で受けられます。
保健所では「無料」「匿名」「どこででも」受けることができます。
医療機関では、検査料は有料(5,000〜10,000円くらい)となります。

安心と早期発見のためのHIV検査

検査結果は、秘密厳守されています!
意思や保険師などには秘密義務があり、プライバシーは完全に守られます。
もしHIVに感染していても、本人が同意しないかぎり、名前や住所を聞かれることはありません。


どうして検査が必要なの?

HIV感染の早期発見につながるからです

HIV陽性の場合は、早期に治療を開始することで、長期間エイズの発症を抑えたり、遅らせることができます。
陰性の場合は、感染予防を心がけるようになる傾向があります。

HIV感染者が増加しているからです

21世紀に入り、アジア地域においてもHIV/エイズの流行は拡大し続け、日本でもHIV感染者報告数は年々増加を続けています。
2007年の1年感では、新規HIV感染者1,082人、新規エイズ患者418人と報告されました。
どちらも過去最高となっています。

HIV検査の受検者は近年急激に上昇しています

1987年から保健所において匿名のHIV抗体検査が行われるようになりました。
この数年間は検査件数は横ばいでしたが、最近では検査期間の短縮などもあり、受検者数が急激に増えています。


保健所におけるHIV検査件数とHIV感染者数の年次推移

安心と早期発見のためのHIV検査

さらに詳しいことは遠慮なく当院へお尋ねください

神楽岡泌尿器科は気軽に緊張せずに受診していただける病院です。病状がひどくならないうちにご相談ください。

医療法人 神楽岡泌尿器科
北海道旭川市神楽岡5条5丁目1-25
電話:0166-60-8580(月・火・木・金 9:00~12:30、14:00~18:00/木・土 9:00~12:30/日・祝 休診)
メール:kaguuro@gmail.com(当院院長、渋谷秋彦に直接届きます)
ホームページのお問い合わせページ(当院院長、渋谷秋彦に直接届きます)

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV エイズ 性感染症 予防 STD

早期診断、早期治療で確実に治る!

早期診断、早期治療が原則

淋菌性尿道炎、クラミジア性尿道炎は、早期診断、早期治療によって確実に治る病気です。

検査と治療

尿から淋菌とクラミジアの両方を同時に検査することができます。
原因菌がわかれば抗生物質を投与し、治療を行います。しかし放っておくと、感染が進行し他の臓器に広がることもあります。

尿道炎の正しい理解のために

注意

  • 感染が分かった場合には必ずパートナーも一緒に治療しましょう。
    どちらかが感染している限り、ピンポン感染を繰り返すことになります。さらに淋菌とクラミジア幹線は、女性の不妊症の原因となります。
  • 治療中はアルコールを避け、規則正しい生活を心がけましょう。
  • 感染しても簡単に治るからと安易に考えてはいけません。セックスで感染する病気には淋菌やクラミジアだけでなくエイズだってあります。とにかく感染しないことが一番です
  • 症状がなくなったからといって、薬の服用を自分で中止しないでください。必ず再診して治癒(菌が消えているか)を確認しましょう。

予防のために

STDは予防できる病気です。
そのためにコンドームがあります。

コンドームを使うのは避妊のためだけではありません。
女性がピルを飲んでいたとしてもコンドームは必要です。
STDを予防する最も簡単かつ確実な方法、それがコンドームです。

尿道炎の正しい理解のために

STDを増やすのも減らすのもあなた次第です。

STDに感染するのは運が悪いからではない

もしあなたがコンドームをせずに、不特定多数の女性とセックスを続ければ、確実にSTDNに感染します。
たとえ1回だけだとしても感染する確率は決して低くはありません。
運が悪いからSTDに感染するのではなく、運が良いから感染しないだけなのです。

さらに詳しいことは遠慮なく当院へお尋ねください

神楽岡泌尿器科は気軽に緊張せずに受診していただける病院です。病状がひどくならないうちにご相談ください。

医療法人 神楽岡泌尿器科
北海道旭川市神楽岡5条5丁目1-25
電話:0166-60-8580(月・火・木・金 9:00~12:30、14:00~18:00/木・土 9:00~12:30/日・祝 休診)
メール:kaguuro@gmail.com(当院院長、渋谷秋彦に直接届きます)
ホームページのお問い合わせページ(当院院長、渋谷秋彦に直接届きます)

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

男性に多い性感染症、その【危険信号】はコレ!

こんな症状がでたら危険信号!

尿道炎の正しい理解のために
※別のウイルスや菌が一緒に感染していることもあります。 症状だけで判断せず、必ず検査を受けましょう。

相手が一般女性でも感染の危険性は同じ

女性はクラミジアに感染してもほとんど症状がでないため、
一般女性の間にもクラミジアは浸透しています。
10代女性の25%がクラミジアに感染していたというデータもあり、
一般女性だから安全ということはありません。


淋菌性尿道炎とクラミジア性尿道炎の比較

尿道炎の正しい理解のために

特定の相手でも安全ではない?

あなたの相手が1人であっても、もし相手の女性が別の男性とセックスしていたとすれば、
感染の危険性はあなたが不特定多数の女性とセックスするのと同じになります。
大丈夫といえるのはお互いに相手が1人だけの場合です。


さらに詳しいことは遠慮なく当院へお尋ねください

神楽岡泌尿器科は気軽に緊張せずに受診していただける病院です。病状がひどくならないうちにご相談ください。

医療法人 神楽岡泌尿器科
北海道旭川市神楽岡5条5丁目1-25
電話:0166-60-8580(月・火・木・金 9:00~12:30、14:00~18:00/木・土 9:00~12:30/日・祝 休診)
メール:kaguuro@gmail.com(当院院長、渋谷秋彦に直接届きます)
ホームページのお問い合わせページ(当院院長、渋谷秋彦に直接届きます)

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

kaguuro

Author:kaguuro
神楽岡泌尿器科
http://www.kagu-uro.or.jp/


お問い合わせはおメール・お電話にてお受けしております。簡単に症状のなどのお問い合わせもいただけます。お気軽にお問合せください。

メール:kaguuro@gmail.com
電話:0166-60-8580
(営業日時をご確認ください)

※下記の内容は必ずお書きください。
お名前
年齢
性別
お問合せの内容
(病状・心配なことなどなど詳しく)
例:性病・尿失禁・前立腺・包茎・腎臓・泌尿器ガン・夜尿症・不妊症・その他

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
Facebookページ
google+ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
リンク
相互リンク大募集!リンクフリーです。勝手に貼っていただいて結構です。わざわざご連絡いただける場合は、お気軽に、トラックバック、メール、メールフォーム、コメントなどメッセージ送ってください。よろしくお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: