[女性]過活動膀胱に対する主な治療法とは?

これまで、「過活動膀胱」がどのような病気で、どんな検査を受けるのかをご紹介してきました。下記はその一覧です。

1. トイレが近い原因は過活動膀胱の可能性があります
2. トイレが近い原因となる「過活動膀胱」の症状
3. 10人に1人が「トイレが近い」症状を経験しています
4. 過活動膀胱は膀胱の異常な働きによって起こる病気です
5. 泌尿器科では病状を知るために問診・検査が行われます
6. 過活動膀胱に対する主な治療法 ←今回はココ

今回は、「過活動膀胱」の主な治療法についてご紹介いたします。
過活動膀胱の治療には主に、「薬による治療法」と薬を使わない「電気刺激治療」や「行動療法」といった治療法があります。

薬による治療

140128.jpg

過活動膀胱では、内服薬による治療を行うのが一般的です。
また、薬物療法は症状を軽減させる対症療法となります。治療を始める前に、医師からよく説明を受け、病気と今後の治療について十分に理解を深めておきましょう。

電気刺激治療

薬で効果が出ないときに行う治療です。電気や磁気で刺激を与えて、骨盤底筋の収縮力を強化したり、膀胱や尿道の神経のはたらきを調整します。また、この治療は過活動膀胱だけでなく、腹圧性尿失禁にも効果があると言われています。

行動療法

薬の服用とあわせて行うことが勧められる「膀胱訓練」、「骨盤底筋体操」。これらのトレーニングを行うことで機能の弱まった膀胱や骨盤底筋を鍛えます。これにより、尿トラブルの症状を軽くすることができます。

治療を続けることで症状は軽くなります

上記に紹介した、薬による治療と膀胱訓練や骨盤底筋訓練などを続けることで、多くの方は症状が軽くなります。
「歳のせい」とあきらめず、ひとりで悩まずに早めに医師に相談しましょう!

次回は、ふだんの生活の中でできるトレーニング方法をご紹介したいと思います。

ひとりで悩まずに、お気軽にご相談ください

「トイレが近い」ことは病気の可能性があり、医師に相談し、治療することで、症状がよくなった方もいらっしゃいます。
ひとりで悩まずに、医師に相談してみませんか?ご相談・お問い合わせは下記までお気軽にどうぞ!

神楽岡泌尿器科: 電話 0166-60-8580(営業日時をご確認ください)
» 神楽岡泌尿器科へのお問い合わせページはこちら

スポンサーサイト



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

[女性]泌尿器科では病状を知るために問診・検査が行われます

「過活動膀胱」というのがどのような病気なのかをこれまでの記事で見てきました。下記はその一覧です。

1. トイレが近い原因は過活動膀胱の可能性があります
2. トイレが近い原因となる「過活動膀胱」の症状
3. 10人に1人が「トイレが近い」症状を経験しています
4. 過活動膀胱は膀胱の異常な働きによって起こる病気です
5. 泌尿器科では病状を知るために問診・検査が行われます ←今回はココ

最初に問診(医師からの質問)があります

140121-01.jpg

病院ではまず、医師が患者さんの状態についてお伺いいたします。どのような尿のトラブルがどの程度あるのかなどを答えていただくことになります。簡単な質問票に記入してもらうこともあります。

トイレが近い原因は過活動膀胱の可能性があります」という記事でご紹介した、過活動膀胱のチェックシートを印刷して持参すると便利です。

状態を確かめるために検査を行います

過活動膀胱以外の病気ではないことを確認するために、簡単な検査を行うこともあります。よく行われる検査は、(1)尿検査、(2)超音波検査の2つです。

尿検査

140121-02.jpg

尿に血がまじっていないか、細菌がいないかなどを調べます。がんや感染症を見つけることができます。

超音波検査

140121-03.jpg

膀胱に残っている尿の量や膀胱の状態、癌や結石がないかなどを調べます。

体の状態を正確に把握するためには泌尿器科を受診していただくことが重要です

さて、「トイレが近い」など症状を持つ患者さんが病院に来たとき、どのような診察をするのかを簡単にご紹介してきました。ここまでは、一般的に病院での診察について紹介してきましたので、最後に神楽岡泌尿器科ではどのような設備で診察を行っているのかを具体的にご紹介したいと思います。

広くて明るい待合室

窓を大きくとり、広く明るいスペースを確保しました。プラズマディスプレイから、当院からのご連絡や医療情報を見ていただくことが出来ます。飲み物の自動販売機、給茶器も用意しています。なお当院はお子様やお年寄りも受診されますので、禁煙とさせていただいております。喫煙コーナーも設けておりませんのでご了承下さい。

プライバシーがしっかり守られている診察室

医師の問診後、壁を隔てた隣の部屋で診察をします。診察台も大きいもので、部屋も広く取ってあります。最新の超音波診断装置を用意してあります。待合室とは壁を2枚隔てていますのでお話が聞こえる事はありません。また、診察中に他の患者さんが入ってくる事もありません。

正確な診断のための検査を行うCT室

泌尿器科でも病気の早期発見のためにCT検査は有用です。 今までは大きな病院の検査機を借りて撮っていたために患者さんにご迷惑をおかけしていました。 当院ではこのCTを開院時より導入しました。 他のレントゲン装置も最新のものを導入しています。出来るだけ早く、患者さんの苦痛を最小限にして、正確な診断を行っていきます。

この他にも院内にはさまざまな医療設備があり、病気の早期発見・正確な診断がを行うことができます。さらに詳しく知りたい方は、当院の院内・医療設備のご紹介ページをご覧ください。
» 神楽岡泌尿器科 院内・医療設備のご紹介

気軽に緊張せずに受診していただける病院づくりに努力します

神楽岡泌尿器科は、尿の悩みをお持ちの方に、気軽に緊張せずに受診していただける病院づくりに努力しています。ご相談・お問い合わせは下記までどうぞ!

神楽岡泌尿器科: 電話 0166-60-8580(営業日時をご確認ください)
» 神楽岡泌尿器科へのお問い合わせページはこちら

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

[女性]過活動膀胱は膀胱の異常な働きによって起こる病気です

「過活動膀胱」という病気にはどのような症状があるのか、どれくらいの患者さんがいるのか、というのをこれまでの記事でみてきました。

1. トイレが近い原因は過活動膀胱の可能性があります
2. トイレが近い原因となる「過活動膀胱」の症状
3. 10人に1人が「トイレが近い」症状を経験しています
4. 過活動膀胱は膀胱の異常な働きによって起こる病気です ←今回はココ

今回はこの病気のしくみについて少し詳しくご紹介していきます。過活動膀胱はどのようなしくみで起こる病気なのでしょうか?

過活動膀胱は膀胱の異常なはたらきによって起こります

そもそも、なぜ「トイレが近い」病気を「過活動膀胱」なんて呼び名で呼ぶのでしょうか? それはこの病気が起こるしくみによって説明することができます。

膀胱が勝手に縮んだり過敏なはたらきをすると、尿が充分たまってないうちに、しかも急に、がまんできない尿意が起こります。これが「トイレが近い」という症状が起こるしくみです。

140114-01.jpg

膀胱の活動が過剰になってしまい、それが突然の尿意を引き起こす。それが、「過活動膀胱」という病気の内実です。

膀胱の異常なはたらきの原因

「じゃあなんで膀胱の活動が過剰になるの?」と思われるでしょう。膀胱の異常が起こる原因としては2つのことが分かっています。

1. 神経系のトラブル

脳卒中などの後遺症で、脳と膀胱の筋肉を結ぶ神経の回路に障害が起き、膀胱の異常なはたらきを引き起こします。

2. 骨盤底筋のトラブル

出産や加齢によって、子宮、膀胱、尿道などを支えている骨盤底筋と呼ばれる筋肉が弱くなり、膀胱の異常なはたらきを引き起こします。

この2つがこれまでに明らかになってる過活動膀胱の原因です。しかし残念ながら、過活動膀胱の多くは原因が特定できません。

3. それ以外

何らかの原因で膀胱の神経が働く場合や、原因が特定できない場合にも、膀胱の異常なはたらきを引き起こされることがあります。

原因の特定と治療のためには病院に行くことが必要です

尿に関するトラブルや悩みがあればその原因や解決方法を知りたいですよね。泌尿器科には尿の病気を検査するさまざまな機器が揃っておりますので、ぜひご相談・受診してください。

神楽岡泌尿器科: 電話 0166-60-8580(営業日時をご確認ください)
神楽岡泌尿器科へのお問い合わせページはこちら

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

[女性] 10人に1人が「トイレが近い」症状を経験しています

「トイレが近い」というのは、医学的には4種類があるということを前回の記事「[女性]トイレが近い原因となる「過活動膀胱」の症状」でご紹介いたしました。

では、「トイレが近い」という症状を経験したことのある女性はどれくらいいるのでしょうか? 今回は過活動膀胱の患者さんがどれくらいいるのかをご紹介いたします。

1. トイレが近い原因は過活動膀胱の可能性があります
2. トイレが近い原因となる「過活動膀胱」の症状
3. 10人に1人が「トイレが近い」症状を経験しています ←今回はココ

多くの女性が過活動膀胱で悩んでいます

下のグラフをご覧ください。これは過活動膀胱の患者さんがどれくらいの割合でいるのかを、年齢別に表したものです。

140107-01.jpg
本間之夫ほか:日本排尿機能学会誌:14(2):266,2003.

ピンクの棒が女性、青い棒が男性、黄色い棒が全体を表しています。

これを見ると、日本人の40歳以上の女性のおよそ10人に1人が過活動膀胱の症状を経験しているということが分かります。

60歳以上だけでみると、さらに多くの割合で過活動膀胱の患者さんがいます。

これだけの割合の方々が、1日8回以上トイレに行く頻尿、週1回以上の尿意切迫感を感じていらっしゃいます。

排尿というなかなか口にしづらい悩みなので、周りに全くいないように感じてしまうのが過活動膀胱という病気です。しかしこのグラフから分かるように、かなりの数の方が過活動膀胱の症状をお持ちです。

過活動膀胱の患者さんの半分が切迫性尿失禁を経験

前回の復習になりますが、過活動膀胱には以下の4つの症状があります。

1. 尿意切迫感:突然トイレに行きたくなり,がまんすることが難しい症状です
2. 昼間頻尿:日中に8回以上トイレに行く症状です
3. 夜間頻尿:夜中に1回以上,おしっこのために起きたりする症状です
4. 切迫性尿失禁:突然のがまんできない強い尿意のためにトイレまでがまんできず,尿がもれてしまう症状です

131217-03.jpg

先ほどのグラフから40歳以上の女性のおよそ10人に1人が過活動膀胱の症状を経験していることが分かりましたが、その中のおよそ半分は 4. の「切迫性尿失禁」を経験しています。

過活動膀胱の患者さん・経験者は多くいます

さて、「トイレが近い」という症状を経験したことのある女性がどれくらいいるのかということについてご紹介してきました。みなさんが思っていたよりも多かったのではないでしょうか。

「トイレが近い」「尿を漏らしてしまった」というお悩みは病院に行くことで解決できることかもしれません。お気軽に泌尿器科までお問い合わせください。

神楽岡泌尿器科: 電話 0166-60-8580(営業日時をご確認ください)
神楽岡泌尿器科へのお問い合わせページはこちら

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

kaguuro

Author:kaguuro
神楽岡泌尿器科
http://www.kagu-uro.or.jp/


お問い合わせはおメール・お電話にてお受けしております。簡単に症状のなどのお問い合わせもいただけます。お気軽にお問合せください。

メール:kaguuro@gmail.com
電話:0166-60-8580
(営業日時をご確認ください)

※下記の内容は必ずお書きください。
お名前
年齢
性別
お問合せの内容
(病状・心配なことなどなど詳しく)
例:性病・尿失禁・前立腺・包茎・腎臓・泌尿器ガン・夜尿症・不妊症・その他

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
Facebookページ
google+ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
リンク
相互リンク大募集!リンクフリーです。勝手に貼っていただいて結構です。わざわざご連絡いただける場合は、お気軽に、トラックバック、メール、メールフォーム、コメントなどメッセージ送ってください。よろしくお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: