スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀頭包皮炎

121203-3.jpg

3歳前後 幼児 男の子

病名:亀頭包皮炎

今回は幼児の男の子によくある病気のお話です。

亀頭包皮炎・・・かんたんにいうと、おちんちんの痒み、痛みのことです。

少し赤くなったり、むずかゆくなる症状で不快感をともないます。

小さな子には多くでる病気で、おしっこの雑菌などでかぶれてしまうものです。

病院では比較的簡単に治療できる病気ではありますが、これも、生活習慣やちょっとした知識で病気予防できます。

まず、原因は皮がまだかぶっている包茎であることどうしても、包茎であると付近に雑菌が繁殖しやすくなり、炎症を起こしやすいです。

当院の先生は子供のうちにきちんと、指導すれば、将来手術なんて必要なくきちんと剥けるとおっしゃています。

先生の包茎の改善指導はとてもわかりやす、痛くない指導です。

なかなかお母さんがそういった指導は難しいと思いますので、お父さんもあまり詳しくない場合などはお気軽に当院に来院されてご相談ください。

そして、毒素の多い【黄色が濃いおしっこ】をよくしていることなどです。

こちらはよく先生がお話しされます、こまめな水分補給や溜める生活習慣指導でかなり予防できるようになります。

【気持ちいいおしっこ】 人間の生理現象は気持ちいいものであること。それが簡単な健康の近道ではないでしょうか?
スポンサーサイト

tag : 亀頭 包茎

膀胱炎

121203-2.jpg

20代 女性 職業:OLさん

まだ、お若い方ですが、血尿が出られたとのことで来院されました。

違和感など自覚症状が小さいものなどと違い、目で見てはっきりいつもとの違いが分かるので、血尿がでるとすぐに来院してくれる方が多いです。

この女性は2~3日前から、残尿感があったりと若干の自覚症状の後に血尿となりました。

幸い、この女性、軽い膀胱炎ということで、治療も簡単な飲み薬の処方ですみました。

ここでみなさんにお伝えしたいことは、生活習慣についてです。

ちょっとした生活習慣でこういった嫌な思いをしなくてすみますので。(病気予防できるんです。)

まず、原因をご説明します。

水分不足

そして、トイレが近いと自覚して急いでトイレにいく習慣です。

トイレが近い → 水分を控える → 排尿量が少ない ・・・・水分補給量を控えがちになり、排尿量が少ない、それが、菌などの排泄の悪さとなり、膀胱炎となったのです。

水分をまめにとる。

コップ2杯分のおしっこが気持ち良く排尿できる目安です。

そのくらいまで溜める練習をする。そういった生活習慣指導と化のう止めの薬などの処方で改善となります。

そして、当院では隠れた症状や病気がないかなど慎重をきして、数日後、改善してからの来院をお願いしています。

いま、体調が良くても、思い当たることがある読者の方は多いのではないでしょうか?

今後とも愛読いただき、皆様の日頃の病気予防、健康維持のお役に立てる情報を掲載していこうと思っています。

では。

tag : 排尿 血尿 膀胱炎

前立腺肥大

121203-1.jpg

70代 男性 職業:農業

症状は排尿困難、本来出す分の2割程度しか1回に排泄できなくて、おしっこが非常に近いとお悩みの患者さんのお話です。

農業に従事されている方は、こまめに水分補給しづらいなど環境的要素があると以前にもお話しましたが、こういった症状の方が多いように思われます。

当院としては、いつかこういった病状の方がいなくなるその日まで、何度でもお伝えしていこうと思っています。


【水分はまめにとる】

【少しでも体に変化があった場合は気軽に、早く病院で受診する】


遠方の方なんですが、地元の病院で手術を進められ、本人も自覚症状が強くあったということで、患者さんの希望として、旭川の手術実績のある病院、そして、通常2週間程度の入院が必要な手術を日帰りでできるということを知っての来院でした。

しかし、こちらの患者さんは症状を長く放っておいたのでしょう。

病状は本当に詰まる一歩手前というくらい悪化していて、すぐに手術というわけにはいきませんでした。

症状を緩和させるお薬の治療を初めて、それからの手術とすこし治療や来院に時間や回数がかかることになったのです。

この患者さんは【日帰り手術】という言葉のイメージでしょうか、非常に【気軽な治療】ととらえられていたようでしたが、残念そうにされていました。

何度でもお伝えします。

【少しでも体に変化があった場合は気軽に、早く病院で受診する】

どうかよろしくお願いいたします。

tag : 前立腺

プロフィール

kaguuro

Author:kaguuro
神楽岡泌尿器科
http://www.kagu-uro.or.jp/


お問い合わせはおメール・お電話にてお受けしております。簡単に症状のなどのお問い合わせもいただけます。お気軽にお問合せください。

メール:kaguuro@gmail.com
電話:0166-60-8580
(営業日時をご確認ください)

※下記の内容は必ずお書きください。
お名前
年齢
性別
お問合せの内容
(病状・心配なことなどなど詳しく)
例:性病・尿失禁・前立腺・包茎・腎臓・泌尿器ガン・夜尿症・不妊症・その他

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
Facebookページ
google+ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
リンク
相互リンク大募集!リンクフリーです。勝手に貼っていただいて結構です。わざわざご連絡いただける場合は、お気軽に、トラックバック、メール、メールフォーム、コメントなどメッセージ送ってください。よろしくお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。