スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前立腺炎

前立腺炎は、前立腺に痛みと腫れが生じる病気です。

前立腺炎の原因は明らかではありません。細菌性の感染が尿路や血流から前立腺に広がること

で、前立腺が炎症を起こす場合があります。細菌の感染による前立腺炎はゆっくりと発症して再発

を起こすこともあれば(慢性細菌性前立腺炎)、急速に進行することもあります(急性細菌性前立腺

炎)。まれに、カビ、ウイルス、原虫による感染が前立腺炎を引き起こすこともあります。

前立腺炎症状

前立腺炎の症状の多くは、膀胱や骨盤の筋肉、特に会陰部(えいんぶ:陰嚢[いんのう]と肛門の

間)の筋肉のけいれんで起こります。前立腺炎にかかると会陰部や腰が痛みますが、陰茎(ペニ

ス)や精巣が痛むこともよくあります。また、排尿の回数が増えて急に排尿したくなったり、排尿す

るときに痛みやヒリヒリ感があったりします。痛みによって勃起や射精が困難になり、さらに痛みが

増します。便秘になると排便時に痛みを伴います。急性細菌性前立腺炎の場合は、発熱、排尿困

難、血尿などの症状が頻繁に現れます。細菌性前立腺炎が原因で、前立腺に膿(うみ)がたまっ

て膿瘍(のうよう)を生じたり、精巣上体に炎症が生じる場合もあります(精巣上体炎)。前立腺炎

が慢性化すると、生殖能力が損なわれるおそれがあります。
スポンサーサイト

tag : 膀胱 前立腺

前立腺肥大症が及ぼす性機能の低下

前立腺肥大症では、精液の一部を作り出す前立腺の機能が低下しますので、性機能が低下する可能性があります。

それでは前立腺肥大症は具体的にどのような影響を与えるのでしょうか?

前立腺の機能が低下することにより、精液の量が少なくなる、濃度が薄くなるといった影響が現れる可能性があります。

また、前立腺肥大症では精液に血が混じることがあります(血精液)。その他にも射精時に痛みを感じる場合もあります。

tag : 前立腺

夜尿症、体を温めて

アレルギーや夜尿症のような慢性病は、季節によって経過に波がある。おねしょは夏には汗をか

いて軽快するが、冬季はひどくなる。寒いときは、手足と同様膀胱(ぼうこう)はかじかみ、末梢

(まっしょう)血管がちぢんで血液が腎臓へ向かい、おしっこの量が増えるためである。

小学4年生の男の子のお母さんが「夏休みにはもう治ったと思ったのに、気温が下がってからまた

布団を汚します。来年の宿泊体験が心配です」と相談にきた。本人は「しくじると恥ずかしいからい

きたくない」と落ち込んでいるという。

対策として夜間下半身を温める工夫をしよう。寝る直前に入浴して、ぬるめの湯にゆっくりつかる。

体の芯まで温まり、カラスの行水ですませてはいけない。湯ざめしないようにすぐ寝つく。布団は重

ね、湯たんぽや電気アンカ、カイロの利用もよい。足先が冷たいときは靴下をはく。

尿症外来では病型を区別し、それに合わせて適切な薬をだして治療する。だが、日常の生活

で注意を守らないと、効果にも限度がある。例えば、夜おそくまでテレビを見ながらミカンを食べれ

ば、身体が冷え、睡眠中のおしっこが増加する。夜尿症はよくなったり、再発したりしながら徐々に

治っていく。

たとえぶり返しても、治療前に比べればもらす回数や量は少ない。あわてず、あせらず、ゆとりをも

って対応しよう。

tag : 尿 膀胱

頻尿を改善する「骨盤底筋トレーニング」とは

寒さが徐々に厳しくなる中、トイレが近くて困っている人もいるだろう。頻尿は中高年に限らず20代や

30代で悩む人は多く、特に女性の場合はつらい。会議の最中にもよおしたり、映画の途中で席をたっ

てしまうなど日常生活への影響もある。生活習慣の見直しや簡単な運動で改善することがあるので、

自覚症状がある人は試してみよう。「頻尿かな」と感じる人は、まず、毎日トイレに行く回数と排尿量を

計ってみよう。計量カップや目盛り付き紙コップと記録用のチェックシートを用意する。大人の場合、通

常は1日に1~1.5リットルの尿を出す。トイレに行く回数は、日中に4~7回、夜間では0~1回だ。

日常的にこの回数を超えていると、頻尿の疑いがある。

 注意したいのが水分の摂取量だ。成人の場合、激しい運動をした時の補給を除き、1日1~1.5リッ

トル程度の水分摂取が適正とされている。ビールなどのアルコール類も含めて、飲む量が増えれば自

然と排尿の量と回数も増える。


飲み物を見直し


 東京都リハビリテーション病院泌尿器科の鈴木康之診療部長は、「頻尿で診察に来る人の3割が水

分の取りすぎだった」と語る。

水分摂取を控えるだけで簡単に直るケースも多いという。

 飲み物の種類を見直すのも有効だ。コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインを含んだものやアルコー

ル類はぼうこうを刺激しやすく利尿作用がある。

 ただ、これらの飲み物は飲んではいけないというわけではなく、効果に個人差もあるので、あまり神

経質にならないように注意したい。

 若い人が頻尿になるケースでは、精神的な理由も考えられる。外出時には何度もトイレに行きたくな

るが、家にいるときは落ち着いているという人も多い。痛みがなく夜間は平気なこともある。「大切な用

事の前にトイレに行きたくなったらどうしよう」という不安や、幼少時にお漏らしを厳しく怒られた経験が

ある人などが陥りやすい。

WEB管理スタッフ河内

tag : 頻尿 尿

プロフィール

kaguuro

Author:kaguuro
神楽岡泌尿器科
http://www.kagu-uro.or.jp/


お問い合わせはおメール・お電話にてお受けしております。簡単に症状のなどのお問い合わせもいただけます。お気軽にお問合せください。

メール:kaguuro@gmail.com
電話:0166-60-8580
(営業日時をご確認ください)

※下記の内容は必ずお書きください。
お名前
年齢
性別
お問合せの内容
(病状・心配なことなどなど詳しく)
例:性病・尿失禁・前立腺・包茎・腎臓・泌尿器ガン・夜尿症・不妊症・その他

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
Facebookページ
google+ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
リンク
相互リンク大募集!リンクフリーです。勝手に貼っていただいて結構です。わざわざご連絡いただける場合は、お気軽に、トラックバック、メール、メールフォーム、コメントなどメッセージ送ってください。よろしくお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。