男性不妊症 まずは精液検査を受けて

自身の不妊治療体験を明かす女性の有名人が増えたと感じるが、男性はめったにいない。

そのためか、意外に知られていないが、不妊症カップルの半分は、男性にも原因があるという。

男性不妊症は泌尿器科医の分野だが専門医は少ない。

まずは近くの泌尿器科で精液検査を受け、異常があれば専門医を紹介してもらうか、
妻が不妊治療中なら妻の主治医に相談しよう。

WEB管理スタッフ庄司
スポンサーサイト



tag : 泌尿器科

50歳以上の男性喫煙者が血尿になったら膀胱がんの疑いもあり

膀胱がんは50歳以上の男性喫煙者に多く発症し、多発や再発が起こりやすい。
尿の中に流れ出たタバコ由来の発がん物質が、腎盂、尿管を通り、膀胱に貯蓄される過程で発症すると考えられる。

初期症状は無症候性血尿だが、重症化すると頻尿や排尿痛がある。
表在性の膀胱がんは、内視鏡による切除後に抗がん剤かBCGで再発予防する。
筋層浸潤がんの場合は、膀胱全摘となる。

尿は、腎臓で血液の水分や塩分、老廃物をろ過した排泄物として腎盂・尿管を通り、膀胱に一時貯蓄されて体外に排出される。
尿の通り道にできる腫瘍を総称して尿路上皮がんというが、中でも多いのが膀胱がんだ。
患者は50代以上の喫煙習慣のある男性が圧倒的に多い。

原因として尿中にタバコ由来の発がん物質が流れ出し、尿に混じって尿路を流れる間に発症すると考えられる。
常に発がん物質にさらされているため、腫瘍が1か所だけでなく多発・再発しやすいという特徴がある。
日本大学医学部附属板橋病院泌尿器科の高橋悟教授の話。

「初期症状は、痛みなどの症状を伴わない血尿です。
血尿が時々みられたり、少し色が付いている程度では放置する人も多いのですが、中高年の喫煙男性の血尿は泌尿器科での検査が必須です。
血尿が続き、頻尿や排尿痛を併発する場合は、腫瘍が大きくなっている可能性があります」

※週刊ポスト2011年9月30日号参照

WEB管理スタッフ庄司


tag : 膀胱 尿 泌尿器科

ビタミンEサプリでリスク17%アップ

米国の泌尿器科専門家や研究者が発表したものfr、ビタミンEのサプリメントの摂取により、前立腺がんを発症するリスクが最大17% 増大するという。

研究は、米国医師会雑誌10月12日号に掲載された。

とりすぎは百害あって一利なし

実験では、3万5,000人を4つのグループに分け、それぞれにビタミンEのみ、セレンのみ、ビタミンEとセレン、偽薬を無作為に与えた。

5年半にわたる追跡調査の結果、ビタミンEの影響は実験開始から3年目に明らかになった。

ビタミンEは脂溶性のため、体内に蓄積されやすい。また、必要量は1日あたり22.4IU(国際単位)とされているが、サプリメントで摂取する人の多くは大量に摂取するため、過剰になりやすい。

健康・医療情報サイト「Health Day」参照 

WEB管理スタッフ庄司
プロフィール

kaguuro

Author:kaguuro
神楽岡泌尿器科
http://www.kagu-uro.or.jp/


お問い合わせはおメール・お電話にてお受けしております。簡単に症状のなどのお問い合わせもいただけます。お気軽にお問合せください。

メール:kaguuro@gmail.com
電話:0166-60-8580
(営業日時をご確認ください)

※下記の内容は必ずお書きください。
お名前
年齢
性別
お問合せの内容
(病状・心配なことなどなど詳しく)
例:性病・尿失禁・前立腺・包茎・腎臓・泌尿器ガン・夜尿症・不妊症・その他

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
Facebookページ
google+ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
リンク
相互リンク大募集!リンクフリーです。勝手に貼っていただいて結構です。わざわざご連絡いただける場合は、お気軽に、トラックバック、メール、メールフォーム、コメントなどメッセージ送ってください。よろしくお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: