泌尿器科で最も頻度の高い病気,尿路結石症

今回は,泌尿器科で最も頻度の高い病気である「尿路結石症」についてご紹介していきます。

痛みなどのつらい症状を伴う尿路結石症。まずはこの病気の特徴を理解し,さらに治療法や予防法について学んでいきましょう。

1.30~50代の男性は注意!発病頻度は最高,しかも再発しやすい尿路結石症

130723_1.png

尿路結石症とは,腎臓でできた結石が尿路につまって尿の流れが悪くなる病気です。

泌尿器科で最も頻度の高い病気で,特に30~50歳代の男性に多くみられます。典型的な症状は激しい疼痛血尿です。

再発しやすい病気ですから,治療後も水分補給を欠かさずに,バランスのよい食事規則正しい食生活を続けることが大切です。

2.尿路結石症とは

尿路結石症は,腎臓でできた結石が尿路(下図参照)のどこかにつまって,尿の流れが悪くなる病気です。結石ができた場所によって,腎結石,尿管結石,膀胱結石,尿道結石に分けられます。

130723_2.png
(クリックで拡大)

3.症状は結石のできる場所によって異なります

尿路結石症の症状は結石がどこにできるかによって異なってきます。それぞれについて見ていきましょう。

腎結石

(1)腹部,側腹部の疼痛
(2)血尿
(3)尿路感染
(4)無症状のこともある

尿管結石

(1)疝痛発作:背中からわき腹にかけて刺すような激痛。夜間や早朝に起きることが多く,3~4時間続く。吐き気・嘔吐,冷や汗などを伴うことも
(2)血尿

膀胱結石,尿道結石

(1)排尿時痛,頻尿,残尿感
(2)排尿困難
(3)血尿

4.病院での治療はまず,痛みをとることから始めます

治療は,まず痛みをとり,保存的治療または外科的治療により結石を排出させます。

治療の流れ

痛みの除去 → 結石の排出(保存的治療 or 外科的治療)

痛みの除去

(1)非ステロイド性抗炎症薬(坐薬)※アスピリン喘息の人には禁忌
(2)非麻薬性鎮痛薬
(3)鎮痛鎮痙剤

結石の排出①:保存的治療(結石が5mm以下の場合)

直径5mm以下の結石は,自然排石する可能性が高いので,水分を多量に摂取して,3~4ヶ月経過観察します。薬物療法を行う場合もあります。

結石の排出②:外科的治療(結石が10mm以上の場合)

(1)対外的衝撃波結石破砕術(ESWL):最も体に負担が少ない外科療法で,直径10mm以上の場合,第一選択の手術法です
(2)内視鏡手術:ESWLでは不十分な場合,内視鏡手術を行います。

5.必須!再発の多い尿路結石症の再発防止方法

尿路結石症は非常に再発しやすい病気です。一度でもかかったことのある方は以下のことに気をつけてください。

(1)1日2L以上の水分補給
(2)定期的な検診
(3)バランスよく,規則正しい食生活

以下より,(3)の食生活について詳しく説明します。

再発防止のために気をつけるべき7つの食習慣

(1)野菜・海藻をたっぷり採りましょう
(2)塩分,糖分は控えめに
(3)寝る前の食事は禁物 (4)コレステロールを多く含む食品は控えめに
(5)アルコールは控えめに
(6)適度なカルシウムを取りましょう:1日600~800mg
(7)シュウ酸を過剰に摂らない:ほうれん草,タケノコ,チョコレート,紅茶など

6.最後に

いかがでしたか?尿路結石症の症状は怖いものですが,治療法や再発防止法もちゃんとあるんです。

何よりも大事なのは早期発見・早期治療。少しでも「おかしいな?」と思うことがあれば,医療機関にご相談してみてください。神楽岡泌尿器科でも受診できますので,お気軽にお越し下さい。

スポンサーサイト



腎臓の病気

腎臓の主な病気

○糸球体腎炎

「腎炎」とも呼ばれ、若年期に多い。扁桃腺炎のあとに起こったりする。

発症年齢が高い場合は、慢性化しやすいので要注意。


○腎盂腎炎

尿道や膀胱に生じた感染が、腎盂(腎臓と尿管の接続部〕、さらには腎組織へと広がった状態。

しばしば敗血症などの合併症を引き起こすため、ただちに抗生物質の治療を行う。

尿路の通過障害がある場合は、その解除が必要となる。


○腎不全

腎機能が正常値の50パーセントを下回った状態。

進行すると腎臓の調節機能が失われるが、正常値の10パーセントを下回ると人工透析が必要となる。

人工透析の技術は進んでおり、長期間の通院、社会復帰が可能になっている。


○腎結石

女性よりも男性に多く見られ、30-50歳代がピーク。痛みや不快感といった自覚症状のない場合もある。

結石が1cm以上の場合、あるいは尿路の通過障害の原因となれば外科的な治療対象となる。


WEB担当:河内

tag : 腎臓 病気

腎臓の病気

腎臓の病気について

腎臓は、生命を維持する上で欠かすことのできない臓器。


糖尿病や腎炎、高血圧などで腎臓の働きが低下すると、血液中の老廃物や余分な水分を尿として体外に排出しにくくなります。


自覚症状がほとんどないため気づかないことも多く、そのまま放置すれば生命の危険もあり、腎臓の働きが健康時の1割程度になると、人工透析が必要になります。


腎臓の病気を予防するためにも、ぜひ生活習慣を改善して腎臓の病気を予防しましょう。


WEB担当 河内

tag : 腎臓

腎硬化症について

腎硬化症とは

硬化が進み、腎臓に運ばれる血流量が減少します。腎硬化症は血流量が減少することによって

腎臓が萎縮し、硬くなった状態です。

良性と悪性があり、良性は徐々に経過しますが、硬化が進むにつれて腎臓の機能も低下し、慢性

腎不全に移行することもあります。

動脈硬化が進むと他の臓器の動脈硬化も進んでいる為、心筋梗塞や脳卒中などを合併させる

恐れがあります。

悪性は急激に血圧が上昇し、最低血圧が120mmHg以上になります。

症状は頭痛、視力障害、倦怠感、吐き気、血尿、たんぱく尿、出血などがみられ、治療をしなけ

れば腎不全や心不全をおこして危険な状態になります。

治療法

共通して必要なのは血圧のコントロールです。

現在は、以前に比べると降圧剤治療が進歩したので、早期治療することで予後は良好ですが、

腎不全を起こしている場合は透析療法を行います。

他にも食事療法として高血圧やむくみなどがあれば、塩分摂取を減らさなければいけませんし、

たんぱく尿が出ているときは、たんぱく質を多く含む食品を制限しなければいけません。


WEB担当 河内

tag : 腎臓

腎臓の病気

腎臓について

腎臓の働き
①老廃物を体外に出す
②体の水分量を調節する
③体液中の成分を適度な状態に整える
④赤血球の成分や血圧を調節するホルモンなどをつくる

○尿はどのようにしてできるのか

心臓は1分間に5リットルの血液を送り出しています。

そのうち約4分の1が腎臓に送られ、糸球体でろ過されて原尿となります。

その後、原尿の大部分は尿細管で濃縮され、最終的にはその約100分の1が尿となります。

○腎不全とは何なのか

腎臓のはたらきが、正常の30%以下になり、 体内の老廃物や余分な水分を排泄できない状態を

いいます。


●急性腎不全

大けがやショックなどで数時間から数日のうちに腎不全になる場合があります。

大部分が一時的なもので、適切な治療を受けることで回復する可能性があります。

●慢性腎不全

数ケ月から数年の年月をかけて徐々に病気が進行します。

腎臓は萎縮し、その働きは回復しません。

腎不全が見つかれば、必ず腎臓の専門医にみてもらい、その原因を調べてもらいましょう。

WEB担当 河内

tag : 腎臓

プロフィール

kaguuro

Author:kaguuro
神楽岡泌尿器科
http://www.kagu-uro.or.jp/


お問い合わせはおメール・お電話にてお受けしております。簡単に症状のなどのお問い合わせもいただけます。お気軽にお問合せください。

メール:kaguuro@gmail.com
電話:0166-60-8580
(営業日時をご確認ください)

※下記の内容は必ずお書きください。
お名前
年齢
性別
お問合せの内容
(病状・心配なことなどなど詳しく)
例:性病・尿失禁・前立腺・包茎・腎臓・泌尿器ガン・夜尿症・不妊症・その他

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
Facebookページ
google+ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
リンク
相互リンク大募集!リンクフリーです。勝手に貼っていただいて結構です。わざわざご連絡いただける場合は、お気軽に、トラックバック、メール、メールフォーム、コメントなどメッセージ送ってください。よろしくお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: