頻尿について

頻尿

頻尿と一口に言っても、一回の量が問題ですから、排尿時に気をつけて見てください。頻尿というのは、泌尿器科のさまざまな病気と関係があることが多い症状の一つです。


一回の尿の量

一日の尿の量というのは、冬場と夏場では夏のほうが汗をかいたりするので少なくなりますが、だいたい1000cc~1500ccといわれます。

普通の健康な方の場合、一回の排尿の量は200cc~300ccぐらいですから、一日の排尿数というのは、5回ぐらいになります。

もう7回も8回も行くというのは、すでに頻尿です。頻尿でも特に夜間頻尿はつらいものです。


膀胱にたまる尿の量

最小尿意といって、膀胱が尿意をもよおす最小の量は、100cc~150ccぐらいです。でも、われわれは実際に350cc~400ccぐらいまでは、我慢することができます。

150ccで尿意を感じ始めてから、もう漏れる寸前という400ccぐらいまで我慢できるのです。

もちろん個人差はあります。150ccたまると、もう尿意を感じてトイレに行く方と、300ccまで我慢してトイレに行く方がいるとしましょう。すると、前者は、一日に10回もトイレに行くことになります。

それに比べ、後者は5回ですんでしまい、前者の半分の回数ですみます。

一般的には、何か夢中になっていれば、300ccぐらいまでは十分ためられるわけですから、150cc以下の量で、ちょこちょこと排尿している方は、ぜひ先生にご相談してください。



WEB担当河内
スポンサーサイト



tag : 膀胱 頻尿 尿 排尿

頻尿と排尿困難の相反する症状の相談

121030-1.jpg

頻尿と排尿困難といった相反する症状

70代 女性

頻尿と排尿困難、相反する症状の相談

頻尿でおしっこがとても近いのに、おしっこが出づらくて残尿感が強いという、普通は一緒に

ならないはずの症状を訴えて来院されました。

こちらの女性、実は当院にお越しになられる前に、違う病院で治療されていましたが、症状は

改善せず、排尿困難感、残尿感が強くなり悪化していました。

検査すると、膀胱の機能が低下していて排尿困難があり、排出されるべき尿が膀胱に残ってしまう

ことが症状の原因となっていました。

10割排尿されるべきものが、1割しか排尿されず、9割もの尿が膀胱に残っていたのです。

しかし、前の病院では、頻尿を改善する治療薬(膀胱をゆるめておしっこを溜める薬)を処方され、

本来排出されるべき尿がさらに膀胱に残っていき、症状が悪化するということがあったのです。

当院では残尿を減少させる薬を処方し、リハビリをおこなっていただきました。

患者さんは、頻尿も気になっていて、排尿を促す薬への不安感をもっていましたが、女性の息子

さんと双方によくお話をして治療していきました。

tag : 頻尿 残尿

頻尿にともなう尿漏れ

尿漏れの原因

尿漏れの原因については、前のページでお話したとおりですが、おさらいましょう。

多くの場合は、尿道括約筋の機能が十分働いていないことが原因で、これは腹圧性の尿失禁と

呼ばれます。

くしゃみをしたとたんに尿漏れがするとか、慌てて急に動いたときに尿漏れがするといった場合は、

これにあてはまります。

このような尿漏れの場合は、尿道括約筋の体操を、毎日続けることによって、ある程度は

改善させることができるのです。

しかし、頻尿の方が、尿を溜めきれずに尿漏れを起こしてしまう場合は、それだけで改善はされま

せん。

たとえば、切迫性尿失禁と呼ばれるものの場合、急に尿意が起こり、我慢できずに尿が漏れて

しまったりします。この場合は、尿道括約筋は正常に働いているのに、膀胱の異常な痙攣が

起きているのです。

このような失禁の場合は、おしっこを我慢して膀胱を大きくすればいいと考えられています。

たしかに、そのようなことを繰り返しているうちに膀胱は大きくなっていき、結果的に畜尿可能量が

増えて、ある程度の頻尿改善にはつながりますが、限度を超えてしまうと、膀胱炎をおこしたり、

尿管を尿が逆流したり、腎臓に悪影響を与えることさえあります。

やはり頻尿の原因を確定し、その痙攣を抑える薬を使うことにより安全に膀胱容量を増やす

治療が必要なのです。

治療については病院に受診して専門家の意見を聞いていただきたいところですが、その前に、

簡単な訓練によっても、頻尿対策ができるというお話を次のページでしましょう

WEB担当 河内

tag : 頻尿 尿漏れ

頻尿、尿漏れ

120817-5.jpg

80代 女性

症状は、おしっこが非常に近い頻尿、そして、尿漏れです。

20年間ほど、症状を放置されていての来院となった方です。

女性のお話では、頻尿、尿漏れがあるために、水を取ることを控えて、もれないように、早めに

トイレにいく習慣がついていたようです。

原因は、おしっこを出すときに使う【排尿筋】の年齢的な衰えと、水をあまり取らないなどの

生活習慣による、膀胱の縮小などにあります。

当院でも以前お話した内容に、よく水分をとり、膀胱に適切におしっこをためる訓練をすることで、

膀胱やまわりの筋肉が鍛えられ、頻尿などの症状が良くなることはご紹介しましたが、こちらの

女性は、頻尿や尿漏れの心配から、逆に悪い癖がつく生活習慣になっていたのです。

こういった場合は薬による治療と、生活習慣の改善でほとんどの場合は良くなりますが、

こちらの女性の場合は、20年ほど放置された上に、80代と高齢なことが、すこし、治療に

時間がかかることになります。生活習慣を改善するには、数日や数回の治療で改善することは

ありません。良くなるまでに、治療を続けるモチベーションや根気も必要になります。

年齢的なことで改善には時間がかかりますから、この記事を読んだ方々には本当に、どんな

小さなことでも、病院にて早く診察、治療することの大切さをご理解いただければ幸いです。

また、当院では、相談しやすい環境、よくお話を聞ける体制を作ることで、

皆様のお役に立てるよう心がけています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。


tag : 頻尿 おしっこ 膀胱

頻尿用の最新治療薬について

頻尿用の最新治療薬が2011年度にも発売されております。

現在の頻尿用の治療薬は、非常に効果がよく、患者さんの負担も少ないです。

お気軽にご相談ください。
プロフィール

kaguuro

Author:kaguuro
神楽岡泌尿器科
http://www.kagu-uro.or.jp/


お問い合わせはおメール・お電話にてお受けしております。簡単に症状のなどのお問い合わせもいただけます。お気軽にお問合せください。

メール:kaguuro@gmail.com
電話:0166-60-8580
(営業日時をご確認ください)

※下記の内容は必ずお書きください。
お名前
年齢
性別
お問合せの内容
(病状・心配なことなどなど詳しく)
例:性病・尿失禁・前立腺・包茎・腎臓・泌尿器ガン・夜尿症・不妊症・その他

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
Facebookページ
google+ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
リンク
相互リンク大募集!リンクフリーです。勝手に貼っていただいて結構です。わざわざご連絡いただける場合は、お気軽に、トラックバック、メール、メールフォーム、コメントなどメッセージ送ってください。よろしくお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: