スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尿失禁(頻尿)

120927-1.jpg

30代女性 尿失禁(頻尿

秋口、朝晩の冷えを感じ出すこの季節、特に多くなる症状は、女性頻尿です。

女性は、出産や閉経など、体のバランスが変わり、排尿などの日常生活の生理現象に

影響があることが多いです。

加齢による筋力の衰えで膀胱が下がり、周辺の筋肉の締りが悪くなることもあります。

今回の女性も30代と非常に年齢的には若いですが、出産後の軽い尿失禁があり、

とても悩まれていました。出産や閉経などは多くの女性が経験することで、同じような悩みを

持っている人たちは少なくありません。

尿失禁は、個人差もあり、他の病気などと違い、強い痛みや体の見た目の変化などはありません

から、ある程度生活習慣で(水を控えたり、トイレに早めにいくなど)対応していて、病院に

かかられない方が多いです。

ただし、以前にもお話していますが、頻尿の改善には生活習慣の指導が欠かせません。

年齢や体の変化にそのまま流されず、膀胱や周辺の筋肉をよく使い、鍛えて機能を向上または、

保っていく。

当院では、排尿の数や量、サポートする薬の量などを、具体的に数字でわかりやすく伝え、

理解していただき、モチベーションを高く保ちながら、トレーニングすることをお勧めしています。

みなさんの頻尿など、当たりまえになっている体の変化に慣れてしまって、本当はもっと快適な

毎日を送るチャンスを逃しているかもしれません。

先生はとても優しく、丁寧にお話してくださいますので、メールや電話などでお気軽に

お問い合わせください。

スポンサーサイト

tag : 頻尿 女性 排尿

尿失禁とは

○尿失禁はどんな病気か

自分の意思とは関係なく、尿が漏れてしまうことを尿失禁といいます。

くしゃみした拍子に漏れてしまうもの、トイレが間に合わずに漏れてしまうもの、何らかの病気で膀胱に尿がたまり、これが一気に溢れ出るものなどがあります。

尿失禁には、身体状態や精神状態など多くの原因により起こります。

原因に即した適切な治療を受ければ治癒あるいは改善が期待できる病気です。



 尿失禁は大きくは、「尿意に関係のない真性尿失禁」と「尿意に関連する仮性尿失禁」とに分けられます。

 真性尿失禁は、奇形などの尿路異常による尿失禁で「尿道外尿失禁」とも呼ばれます。

 仮性尿失禁には、腹圧性尿失禁・溢流性尿失禁・切迫性尿失禁・反射性尿失禁・機能性尿失禁 ・夜尿症があります。



WEB担当  河内

tag : 失禁 膀胱

尿失禁

尿失禁に悩む女性は日本中で何百万人とも言われています。

多くの人は骨盤底筋肉を鍛える体操やお薬でずいぶん良くなります。

が、程度のひどい人では膀胱と尿道の境目を特殊なテープで固定する簡単な手術で直ることが期待できます。

恥ずかしがらずにご相談下さい。

多くの女性が快適な生活を取り戻すことに成功しています。

tag : 尿

おねしょについて

おねしょ(夜尿症)ですが、新学期を迎えて悩まれているお子さんがいらっしゃいます。

小学校高学年にもなると、宿泊研修や修学旅行などがあり心配ですね。

おねしょはいつかは止まるものと考えられていますが、お子さんにとっては(もちろんご両親にとってもですが)大きな悩みだと思います。

悩みはできるだけ早くに解決したほうがいいですよね。ぜひ泌尿器科医にご相談ください。いいアドバイスができると思います。

膀胱腎臓の異常が早く見つかることもあります。

実は僕も小学校5年の春までおねしょをしていました、、、。
辛かった

tag : 膀胱 前立腺 オシッコ 腎臓 尿 頻尿 泌尿器科 失禁

プロフィール

kaguuro

Author:kaguuro
神楽岡泌尿器科
http://www.kagu-uro.or.jp/


お問い合わせはおメール・お電話にてお受けしております。簡単に症状のなどのお問い合わせもいただけます。お気軽にお問合せください。

メール:kaguuro@gmail.com
電話:0166-60-8580
(営業日時をご確認ください)

※下記の内容は必ずお書きください。
お名前
年齢
性別
お問合せの内容
(病状・心配なことなどなど詳しく)
例:性病・尿失禁・前立腺・包茎・腎臓・泌尿器ガン・夜尿症・不妊症・その他

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
Facebookページ
google+ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
リンク
相互リンク大募集!リンクフリーです。勝手に貼っていただいて結構です。わざわざご連絡いただける場合は、お気軽に、トラックバック、メール、メールフォーム、コメントなどメッセージ送ってください。よろしくお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。