お知らせ

ボストン・サイエンティフィック社の前立腺治療機【HoLEP ホーレップ】を新しく導入いたしました。

レーザーのパワーがあがり、手術の効率が上がり安全に早く処置ができるようになりました。

HoLEP」治療の手順

HoLEPは、レーザー光(ホルミウム・ヤグレーザー)を用いるため、患者さんの体に負担が少ない前立腺肥大症治療を可能にします。

1. 肥大した内腺を大きくくりぬく

前立腺の組織は、尿道の左右(左葉・右葉)、および人体下側(中葉)からそれぞれ内側に向かって肥大していきます。

HoLEPはホルミウム・ヤグレーザーを照射し内腺と外腺との境目に入り、内腺のみを核出します。

核出された3つの前立腺組織は一度、膀胱内に移動させます。

2. 細切して排出

肥大した前立腺組織の核出が終了すると、モーセレーターという機器を用いて、膀胱内に移動させた前立腺組織の核出片を細切し、吸引しながら体外に排出します。

モーセレーターは先端が細い管になっており、尿道から膀胱まで挿入し、先端の小さい穴から核出片を吸引します。

3. カテーテル留置

核出した前立腺組織をすべて体外に排出すると、モーセレーターを取り除き、かわって尿路の確保や保護、止血のために尿道カテーテルという管を挿入します。

尿道カテーテルは血尿がほぼなくなった翌日には抜去されるのが一般的です。


HoLEP」治療のメリット

●メスを使用しない、体に優しい手術
●安全性の高い手術
●痛みが少ない手術
●合併症が避けられる
●再発の可能性がきわめて低い

スポンサーサイト



tag : HoLEP ホーレップ 前立腺

オリンパス軟性膀胱内視鏡

120131-6.jpg

オリンパス軟性膀胱内視鏡

膀胱や尿道の観察には非常に細くて柔らかい内視鏡を使っています。

細さは最小で直径5mm以下のものを使うので、
痛みや苦痛が最小限ですみます。
当院ではより痛みや苦痛が少ない治療を心がけています。

膀胱に残っている残尿量を簡単に調べる機械

120131-5-1.jpg

120131-5-2.jpg

膀胱に残っている残尿量を調べる機械

お腹にピッと当てるだけで、スキャンするように残尿量がわかって痛みや不快感はないです。

また、時間もかからず、非常に患者さんに喜ばれる機器を導入しています。

検査機械が新しくなりました!!

当院のCT装置が新しくなりました。

検査時間も短くなり、造影剤を使ったりする検査が少なくなりました。

内臓脂肪なんかも測定してくれて、メタボ検診にも適しています。

もちろん尿路の腫瘍や結石も見つけてくれます。

患者さんの負担をできるだけ少なくできるように頑張っていきます。

tag : 膀胱 前立腺 オシッコ 腎臓 尿 頻尿 泌尿器科 失禁 膀胱炎

プロフィール

kaguuro

Author:kaguuro
神楽岡泌尿器科
http://www.kagu-uro.or.jp/


お問い合わせはおメール・お電話にてお受けしております。簡単に症状のなどのお問い合わせもいただけます。お気軽にお問合せください。

メール:kaguuro@gmail.com
電話:0166-60-8580
(営業日時をご確認ください)

※下記の内容は必ずお書きください。
お名前
年齢
性別
お問合せの内容
(病状・心配なことなどなど詳しく)
例:性病・尿失禁・前立腺・包茎・腎臓・泌尿器ガン・夜尿症・不妊症・その他

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
Facebookページ
google+ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
リンク
相互リンク大募集!リンクフリーです。勝手に貼っていただいて結構です。わざわざご連絡いただける場合は、お気軽に、トラックバック、メール、メールフォーム、コメントなどメッセージ送ってください。よろしくお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: