スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[女性]過活動膀胱の疑問・不安お答えQ&A

女性の過活動膀胱の症状や原因、治療方法などについて8回にわたってご紹介してきました。下記はその一覧です。

1. トイレが近い原因は過活動膀胱の可能性があります
2. トイレが近い原因となる「過活動膀胱」の症状
3. 10人に1人が「トイレが近い」症状を経験しています
4. 過活動膀胱は膀胱の異常な働きによって起こる病気です
5. 泌尿器科では病状を知るために問診・検査が行われます
6. 過活動膀胱に対する主な治療法
7. 自宅で簡単にできる! 「トイレが近い」過活動膀胱の治療方法
8. 過活動膀胱以外にも尿のトラブルを引き起こす病気があります
9. 過活動膀胱以外にも尿のトラブルを引き起こす病気があります ←今回はココ

今回は女性の過活動膀胱シリーズ最終回として、過活動膀胱についてみなさんの疑問や不安にお答えするQ&A集をご紹介します。

Q1. トイレが近いのは歳のせいで、治療しても治らないのではないでしょうか?

A1. 過活動膀胱には、歳をとることで起きてくる神経の異常が関係することがあり、実際に、年齢の高い方ほど過活動膀胱の方は多くなります。しかし、歳をとった方がみな過活動膀胱になるわけではなく、歳をとった方でも、治療を受ければ多くの方が症状を軽くできます。歳のせいとあきらめずに、ぜひ医師にご相談ください。

Q2. 病院・診療所に行ったら、いろいろ検査をされるのですか?

A2. 過活動膀胱の可能性がある時には、病院・診療所では、まず問診や質問票も使った診察が行われます。他の病気ではないことを確かめるために、尿検査や超音波検査、レントゲン検査などの簡単な検査を行うこともあります。これらの検査は、とくに負担のない検査なので心配はいりません。必要に応じて、詳しく調べる検査が行われることもあります。

泌尿器科ではどのような問診・検査があるのか、詳しく知りたい方は「泌尿器科では病状を知るために問診・検査が行われます」をご覧ください。

Q3. 薬を使わずに、過活動膀胱を治すことはできませんか?

A3. 膀胱訓練や骨盤低筋訓練を行うことが勧められます(詳しくは「自宅で簡単にできる! 「トイレが近い」過活動膀胱の治療方法」を参照)。しかし、この訓練だけで、症状をすべて治すのは難しいかもしれません。症状は薬による治療と一緒に行います。

また水分の摂りすぎでトイレが近くなる場合があります。水分の摂取を減らすことで症状が改善することもあります。

過活動膀胱では、薬による治療が最も一般的です。医療機関で処方される薬には、過活動膀胱に対して効果のある抗コリン薬などがあります。副作用に注意する必要はありますが、症状が良くならない場合は、薬による治療について、医師にご相談ください。

Q4. 手術が必要になることはありますか?

A4. 過活動膀胱の治療で手術が必要になることは、まずありません。薬による治療と、膀胱訓練や骨盤低筋訓練などを続ければ、多くの方は症状が軽くなります。腹圧性尿失禁(詳しくは「過活動膀胱以外にも尿のトラブルを引き起こす病気があります」を参照)をあわせ持っていて、薬などの治療で良くならない時は、手術を考慮することもあります。

専門医が疑問・不安にお答えいたします

過活動膀胱に関してよくあるご質問4つとその答えをご紹介しました。この他にもいろいろな疑問があると思います。神楽岡泌尿器科では電話やメール、さらにはホームページから質問できる窓口をご用意しております。当院院長の渋谷が責任を持ってお答えいたしますのでぜひご相談ください。

メール:kaguuro@gmail.com
電話:0166-60-8580(月・火・木・金 9:00~12:30、14:00~18:00/木・土 9:00~12:30/日・祝 休診)
ホームページから送信できるお問い合わせページ

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

[女性]過活動膀胱以外にも尿のトラブルを引き起こす病気があります

女性の尿のトラブルを引き起こす過活動膀胱について、ここまで7回にわたってご紹介してきました。下記はその一覧です。

1. トイレが近い原因は過活動膀胱の可能性があります
2. トイレが近い原因となる「過活動膀胱」の症状
3. 10人に1人が「トイレが近い」症状を経験しています
4. 過活動膀胱は膀胱の異常な働きによって起こる病気です
5. 泌尿器科では病状を知るために問診・検査が行われます
6. 過活動膀胱に対する主な治療法
7. 自宅で簡単にできる! 「トイレが近い」過活動膀胱の治療方法
8. 過活動膀胱以外にも尿のトラブルを引き起こす病気があります ←今回はココ

過活動膀胱は「トイレが近い」「尿をもらしてしまった」などのトラブルの原因となる病気です。しかし、このような尿のトラブルの原因は過活動膀胱以外にもあります。今回は、過活動膀胱以外に尿のトラブルを引き起こす病気をご紹介します。

過活動膀胱以外の尿のトラブルの原因

「トイレが近い」「尿をもらしてしまった」など、過活動膀胱と似た尿のトラブルを起こす病気として、腹圧性尿失禁や感染症、子宮の病気、がんなどがあります。

これらの病気の症状や原因について、簡単にご紹介します。

1. 腹圧性尿失禁

尿道などを支えている骨盤低筋などの働きが弱くなることで尿道をうまく締められなくなり、尿もれを起こす病気です。過活動膀胱と腹圧性尿失禁の両方の症状が見られる方もいます。

腹圧性尿失禁の症状

次のような強い腹圧がかかるような動作をした時、尿がもれてしまいます。

> 咳をする、くしゃみをする、笑う
> 走る、テニスやゴルフなどのスポーツをする
> 重い物を持ち上げる
> 坂道や階段を昇り降りする

140212-01.jpg

腹圧性尿失禁の患者さんの数

40歳以上の女性の8人に1人が、腹圧性尿失禁の症状を経験しています。とくに、出産を経験した女性に多くみられます。

腹圧性尿失禁の原因

お腹に強い力(腹圧)がかかった場合、「骨盤低筋」という筋肉が膀胱と尿道を支えることで、尿道が締まり、尿がもれるのを防いでいます。

腹圧性尿失禁では、この骨盤低筋が弱くなったり傷んだりすることによって、尿道をうまく締められなくなり、尿もれを起こします。

加齢や出産、女性ホルモンの低下が関係しています。

140212-02.jpg

腹圧性尿失禁の治療

腹圧性尿失禁の治療方法はいくつかあります。

まずは、薬による治療です。尿道を締める働きがある薬(ベータ刺激薬)などを用います。

そして、手術などによる治療です。手術をして尿道をつりあげる方法(尿道スリング手術)や、コラーゲンを注入して尿道の筋肉を強くする方法などがあります。

2. 感染症(膀胱炎や尿道炎など)

尿道から細菌が入って炎症が起こる病気です。頻尿や尿意切迫感の他に、発熱や排尿痛などがみられます。

140212-03.jpg

3. 子宮内膜症

子宮内膜に似た組織が子宮以外の場所にできる病気です。排尿の他に、下腹部痛や排尿痛などが起こります。

4. 心因性の頻尿(神経性頻尿)

精神的な問題が原因で、頻尿や尿意切迫感が起こる場合があります。「トイレのことを心配すると尿意を感じる」、「緊張した時にトイレに行きたくなる」というのは、その一つの例です。

5. 膀胱結石

膀胱内に結石(尿の中のカルシウムやシュウ酸などが固まったもの)ができる病気です。頻尿の他に、血尿や排尿痛が出ることがあります。

6. 膀胱がん

膀胱にできるがんです。痛みを伴わない血尿、頻尿、排尿時の痛み、残尿感などがみられます。

尿のトラブルの原因を突き止めるために病院で検査を受けましょう

尿のトラブルを起こす病気として、過活動膀胱以外にもさまざまなものがあることをご紹介してきました。同じような症状でも、見た目だけではどのような病気かは分からないというのはおわかりいただけたでしょうか。

尿のトラブル・悩みを解決するためには、その原因を特定することが大切です。原因特定のためには、泌尿器科を受診し検査をしていただくことが必要不可欠となります。

「トイレが近い」「尿をもらしてしまった」などの悩み・トラブルをお持ちの方は泌尿器科にお気軽にご相談ください。
神楽岡泌尿器科: 電話 0166-60-8580(営業日時をご確認ください)
» 神楽岡泌尿器科へのお問い合わせページはこちら

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

[女性]自宅で簡単にできる! 「トイレが近い」過活動膀胱の治療方法

これまで、「トイレが近い」などの症状を引き起こす過活動膀胱という病気についてご紹介してきました。どのような症状があるのか、原因は何なのか、病院ではどのような検査・治療をするのかなどを6回に分けて詳しく見てきました。下記はその一覧です。

1. トイレが近い原因は過活動膀胱の可能性があります
2. トイレが近い原因となる「過活動膀胱」の症状
3. 10人に1人が「トイレが近い」症状を経験しています
4. 過活動膀胱は膀胱の異常な働きによって起こる病気です
5. 泌尿器科では病状を知るために問診・検査が行われます
6. 過活動膀胱に対する主な治療法
7. 自宅で簡単にできる! 「トイレが近い」過活動膀胱の治療方法 ←今回はココ

前回は過活動膀胱のおもな治療方法についてご紹介しましたが、それはいずれも病院に来ていただくことですることのできるものでした。そこで今回は、普段の生活の中でできる過活動膀胱の治療方法についてご紹介したいと思います。

普段の生活の中でできる過活動膀胱の治療

過活動膀胱では内服薬による治療が一般的ですが、薬の服用と合わせて生活の中でいくつかの治療法・訓練を行うことが勧められます。それが「膀胱訓練」や「骨盤低筋訓練」です。

それぞれの訓練方法について詳しくご紹介します。

1. 膀胱訓練―トイレをがまんする訓練

膀胱訓練とは、トイレに行きたくなってもがまんする訓練です。膀胱にためることのできるおしっこの量を増やすことができます。

がまんする時間は5分くらいから始めて、少しずつ時間を延ばしていきましょう。

140204-01.jpg

2. 骨盤低筋訓練(骨盤低筋体操)―尿道を締める力を鍛える体操

普段の生活の中でできる治療の2つめは、骨盤低筋訓練です。これは尿道を締める力を鍛えるための体操です。基本の方法を覚えて、生活の中でこまめに行っていきましょう。

基本の方法

(1)あお向けに横になり、両足を肩幅程度に開いて、両ひざを軽く立てましょう。

140204-02.jpg

(2)尿道・肛門・膣をきゅっと締めたり、緩めたりし、これを2~3回繰り返します。

140204-03.jpg

(3)次は、ゆっくりぎゅうっと締め、3秒間ほど静止します。その後、ゆっくり緩めます。これを2~3回繰り返します。締める時間を少しずつ延ばしていきます。

140204-04.jpg

この手順を1回5分程度から始めて、10~20分までだんだん増やしていきましょう。

生活の中で

(1)ひじ・ひざをついた姿勢で(朝・晩、布団の中)
床にひざをつき、ひじをクッションの上にのせ頭を支えて行います。

140204-05.jpg

(2)テーブルを支えにした姿勢で(家事、仕事の合間に)
足を肩幅に開いて立ち、手は机の上に乗せて行います。

140204-06.jpg

(3)椅子に座った姿勢で(テレビを見ながら)
足を肩幅に開いて椅子に座り、足の裏の全面を床につけて行います。

140204-07.jpg

薬による治療と一緒に行うことが大切です

さて、自宅で簡単にできる過活動膀胱の治療方法についてご紹介してきました。どれも普段の生活ですぐにできるものばかりですが、過活動膀胱を治すためにはやはり薬による治療は欠かせません。

もしあなたが日常生活に支障をきたすほどの症状でお悩みの場合、泌尿器科を受診してしかるべき薬を服用していただくことをおすすめいたします。

薬を服用した上で今回ご紹介した治療法を実践すれば、より大きな効果が期待できます。

当院ではどのような治療を行えばよいかなど、過活動膀胱の症状でお悩みの方々の相談を受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

神楽岡泌尿器科: 電話 0166-60-8580(営業日時をご確認ください)
» 神楽岡泌尿器科へのお問い合わせページはこちら

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

[女性]過活動膀胱に対する主な治療法とは?

これまで、「過活動膀胱」がどのような病気で、どんな検査を受けるのかをご紹介してきました。下記はその一覧です。

1. トイレが近い原因は過活動膀胱の可能性があります
2. トイレが近い原因となる「過活動膀胱」の症状
3. 10人に1人が「トイレが近い」症状を経験しています
4. 過活動膀胱は膀胱の異常な働きによって起こる病気です
5. 泌尿器科では病状を知るために問診・検査が行われます
6. 過活動膀胱に対する主な治療法 ←今回はココ

今回は、「過活動膀胱」の主な治療法についてご紹介いたします。
過活動膀胱の治療には主に、「薬による治療法」と薬を使わない「電気刺激治療」や「行動療法」といった治療法があります。

薬による治療

140128.jpg

過活動膀胱では、内服薬による治療を行うのが一般的です。
また、薬物療法は症状を軽減させる対症療法となります。治療を始める前に、医師からよく説明を受け、病気と今後の治療について十分に理解を深めておきましょう。

電気刺激治療

薬で効果が出ないときに行う治療です。電気や磁気で刺激を与えて、骨盤底筋の収縮力を強化したり、膀胱や尿道の神経のはたらきを調整します。また、この治療は過活動膀胱だけでなく、腹圧性尿失禁にも効果があると言われています。

行動療法

薬の服用とあわせて行うことが勧められる「膀胱訓練」、「骨盤底筋体操」。これらのトレーニングを行うことで機能の弱まった膀胱や骨盤底筋を鍛えます。これにより、尿トラブルの症状を軽くすることができます。

治療を続けることで症状は軽くなります

上記に紹介した、薬による治療と膀胱訓練や骨盤底筋訓練などを続けることで、多くの方は症状が軽くなります。
「歳のせい」とあきらめず、ひとりで悩まずに早めに医師に相談しましょう!

次回は、ふだんの生活の中でできるトレーニング方法をご紹介したいと思います。

ひとりで悩まずに、お気軽にご相談ください

「トイレが近い」ことは病気の可能性があり、医師に相談し、治療することで、症状がよくなった方もいらっしゃいます。
ひとりで悩まずに、医師に相談してみませんか?ご相談・お問い合わせは下記までお気軽にどうぞ!

神楽岡泌尿器科: 電話 0166-60-8580(営業日時をご確認ください)
» 神楽岡泌尿器科へのお問い合わせページはこちら

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

[女性]泌尿器科では病状を知るために問診・検査が行われます

「過活動膀胱」というのがどのような病気なのかをこれまでの記事で見てきました。下記はその一覧です。

1. トイレが近い原因は過活動膀胱の可能性があります
2. トイレが近い原因となる「過活動膀胱」の症状
3. 10人に1人が「トイレが近い」症状を経験しています
4. 過活動膀胱は膀胱の異常な働きによって起こる病気です
5. 泌尿器科では病状を知るために問診・検査が行われます ←今回はココ

最初に問診(医師からの質問)があります

140121-01.jpg

病院ではまず、医師が患者さんの状態についてお伺いいたします。どのような尿のトラブルがどの程度あるのかなどを答えていただくことになります。簡単な質問票に記入してもらうこともあります。

トイレが近い原因は過活動膀胱の可能性があります」という記事でご紹介した、過活動膀胱のチェックシートを印刷して持参すると便利です。

状態を確かめるために検査を行います

過活動膀胱以外の病気ではないことを確認するために、簡単な検査を行うこともあります。よく行われる検査は、(1)尿検査、(2)超音波検査の2つです。

尿検査

140121-02.jpg

尿に血がまじっていないか、細菌がいないかなどを調べます。がんや感染症を見つけることができます。

超音波検査

140121-03.jpg

膀胱に残っている尿の量や膀胱の状態、癌や結石がないかなどを調べます。

体の状態を正確に把握するためには泌尿器科を受診していただくことが重要です

さて、「トイレが近い」など症状を持つ患者さんが病院に来たとき、どのような診察をするのかを簡単にご紹介してきました。ここまでは、一般的に病院での診察について紹介してきましたので、最後に神楽岡泌尿器科ではどのような設備で診察を行っているのかを具体的にご紹介したいと思います。

広くて明るい待合室

窓を大きくとり、広く明るいスペースを確保しました。プラズマディスプレイから、当院からのご連絡や医療情報を見ていただくことが出来ます。飲み物の自動販売機、給茶器も用意しています。なお当院はお子様やお年寄りも受診されますので、禁煙とさせていただいております。喫煙コーナーも設けておりませんのでご了承下さい。

プライバシーがしっかり守られている診察室

医師の問診後、壁を隔てた隣の部屋で診察をします。診察台も大きいもので、部屋も広く取ってあります。最新の超音波診断装置を用意してあります。待合室とは壁を2枚隔てていますのでお話が聞こえる事はありません。また、診察中に他の患者さんが入ってくる事もありません。

正確な診断のための検査を行うCT室

泌尿器科でも病気の早期発見のためにCT検査は有用です。 今までは大きな病院の検査機を借りて撮っていたために患者さんにご迷惑をおかけしていました。 当院ではこのCTを開院時より導入しました。 他のレントゲン装置も最新のものを導入しています。出来るだけ早く、患者さんの苦痛を最小限にして、正確な診断を行っていきます。

この他にも院内にはさまざまな医療設備があり、病気の早期発見・正確な診断がを行うことができます。さらに詳しく知りたい方は、当院の院内・医療設備のご紹介ページをご覧ください。
» 神楽岡泌尿器科 院内・医療設備のご紹介

気軽に緊張せずに受診していただける病院づくりに努力します

神楽岡泌尿器科は、尿の悩みをお持ちの方に、気軽に緊張せずに受診していただける病院づくりに努力しています。ご相談・お問い合わせは下記までどうぞ!

神楽岡泌尿器科: 電話 0166-60-8580(営業日時をご確認ください)
» 神楽岡泌尿器科へのお問い合わせページはこちら

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

kaguuro

Author:kaguuro
神楽岡泌尿器科
http://www.kagu-uro.or.jp/


お問い合わせはおメール・お電話にてお受けしております。簡単に症状のなどのお問い合わせもいただけます。お気軽にお問合せください。

メール:kaguuro@gmail.com
電話:0166-60-8580
(営業日時をご確認ください)

※下記の内容は必ずお書きください。
お名前
年齢
性別
お問合せの内容
(病状・心配なことなどなど詳しく)
例:性病・尿失禁・前立腺・包茎・腎臓・泌尿器ガン・夜尿症・不妊症・その他

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
Facebookページ
google+ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
リンク
相互リンク大募集!リンクフリーです。勝手に貼っていただいて結構です。わざわざご連絡いただける場合は、お気軽に、トラックバック、メール、メールフォーム、コメントなどメッセージ送ってください。よろしくお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。