早期診断、早期治療で確実に治る!

早期診断、早期治療が原則

淋菌性尿道炎、クラミジア性尿道炎は、早期診断、早期治療によって確実に治る病気です。

検査と治療

尿から淋菌とクラミジアの両方を同時に検査することができます。
原因菌がわかれば抗生物質を投与し、治療を行います。しかし放っておくと、感染が進行し他の臓器に広がることもあります。

尿道炎の正しい理解のために

注意

  • 感染が分かった場合には必ずパートナーも一緒に治療しましょう。
    どちらかが感染している限り、ピンポン感染を繰り返すことになります。さらに淋菌とクラミジア幹線は、女性の不妊症の原因となります。
  • 治療中はアルコールを避け、規則正しい生活を心がけましょう。
  • 感染しても簡単に治るからと安易に考えてはいけません。セックスで感染する病気には淋菌やクラミジアだけでなくエイズだってあります。とにかく感染しないことが一番です
  • 症状がなくなったからといって、薬の服用を自分で中止しないでください。必ず再診して治癒(菌が消えているか)を確認しましょう。

予防のために

STDは予防できる病気です。
そのためにコンドームがあります。

コンドームを使うのは避妊のためだけではありません。
女性がピルを飲んでいたとしてもコンドームは必要です。
STDを予防する最も簡単かつ確実な方法、それがコンドームです。

尿道炎の正しい理解のために

STDを増やすのも減らすのもあなた次第です。

STDに感染するのは運が悪いからではない

もしあなたがコンドームをせずに、不特定多数の女性とセックスを続ければ、確実にSTDNに感染します。
たとえ1回だけだとしても感染する確率は決して低くはありません。
運が悪いからSTDに感染するのではなく、運が良いから感染しないだけなのです。

さらに詳しいことは遠慮なく当院へお尋ねください

神楽岡泌尿器科は気軽に緊張せずに受診していただける病院です。病状がひどくならないうちにご相談ください。

医療法人 神楽岡泌尿器科
北海道旭川市神楽岡5条5丁目1-25
電話:0166-60-8580(月・火・木・金 9:00~12:30、14:00~18:00/木・土 9:00~12:30/日・祝 休診)
メール:kaguuro@gmail.com(当院院長、渋谷秋彦に直接届きます)
ホームページのお問い合わせページ(当院院長、渋谷秋彦に直接届きます)

スポンサーサイト



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

男性に多い性感染症、その【危険信号】はコレ!

こんな症状がでたら危険信号!

尿道炎の正しい理解のために
※別のウイルスや菌が一緒に感染していることもあります。 症状だけで判断せず、必ず検査を受けましょう。

相手が一般女性でも感染の危険性は同じ

女性はクラミジアに感染してもほとんど症状がでないため、
一般女性の間にもクラミジアは浸透しています。
10代女性の25%がクラミジアに感染していたというデータもあり、
一般女性だから安全ということはありません。


淋菌性尿道炎とクラミジア性尿道炎の比較

尿道炎の正しい理解のために

特定の相手でも安全ではない?

あなたの相手が1人であっても、もし相手の女性が別の男性とセックスしていたとすれば、
感染の危険性はあなたが不特定多数の女性とセックスするのと同じになります。
大丈夫といえるのはお互いに相手が1人だけの場合です。


さらに詳しいことは遠慮なく当院へお尋ねください

神楽岡泌尿器科は気軽に緊張せずに受診していただける病院です。病状がひどくならないうちにご相談ください。

医療法人 神楽岡泌尿器科
北海道旭川市神楽岡5条5丁目1-25
電話:0166-60-8580(月・火・木・金 9:00~12:30、14:00~18:00/木・土 9:00~12:30/日・祝 休診)
メール:kaguuro@gmail.com(当院院長、渋谷秋彦に直接届きます)
ホームページのお問い合わせページ(当院院長、渋谷秋彦に直接届きます)

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

あなたは大丈夫?今、【STD】が流行しています

性感染症(STD)とは?

STD = sexualy transmitted diseases

性行為を介して感染する疾患の総称です。
男性では淋菌やクラミジアが原因でおこる尿道炎、
ウイルスが原因で起こる性器ヘルペスや尖圭コンジローム、
その他毛じらみや梅毒などがあります。

さらに患者数は少ないですが、エイズもSTDのひとつです。

男性に多い性感染症は?

男性のSTDは80%以上が尿道炎です。

尿道炎の正しい理解のために


尿道炎の大部分は、淋菌クラミジアが原因となります。
同時に両方にかかる場合もあります。

尿道炎の正しい理解のために

間違っていませんか?あなたの性知識

オーラルセックスでも感染する

淋菌やクラミジアがいる場所は性器だけではありません。
咽頭にも菌は存在し、オーラルセックスにひょって感染します。

特に淋菌性尿道炎では、近年オーラルセックスによる感染頻度が増加しており、大きな問題となっています。


さらに詳しいことは遠慮なく当院へお尋ねください

神楽岡泌尿器科は気軽に緊張せずに受診していただける病院です。病状がひどくならないうちにご相談ください。

医療法人 神楽岡泌尿器科
北海道旭川市神楽岡5条5丁目1-25
電話:0166-60-8580(月・火・木・金 9:00~12:30、14:00~18:00/木・土 9:00~12:30/日・祝 休診)
メール:kaguuro@gmail.com(当院院長、渋谷秋彦に直接届きます)
ホームページのお問い合わせページ(当院院長、渋谷秋彦に直接届きます)

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

あなたの尿の状態をチェックできる7+1つの質問票

現在の尿の状態を知っておくことは、診断・治療を行う上で極めて重要です。そこで今回は、尿の状態をチェックできる質問票をご紹介します。具体的な数字で客観的にご自分の状態を把握できますので、ぜひ試してみてください。

5分で簡単チェック! 尿の状態を把握できる質問票

下の画像は、尿の状態を把握できる7+1つの質問票です。クリックで拡大表示することができます。

140318-01.jpg

直近1ヶ月の様子について、最も近いものを選んで○で囲んでください。

すべての質問に答えたら、丸をつけた数字をすべて足し合わせて合計点数を出しましょう。

質問票の合計点数が高い方は一度泌尿器科を受診することをお勧めします

もし、普段から尿のトラブル・悩みをお抱えで、今回の質問票でも高い点数をとってしまった場合、何らかの病気(過活動膀胱や前立腺肥大症など)が疑われます。

泌尿器科では、その尿のトラブルがなぜ起きているのかという原因を突き止めるための検査・問診を受けることができます。そして、その病状に合わせて治療やアドバイスを受けられます。

うまく症状を説明する自信がなくても大丈夫です。先の質問票を印刷して担当医の先生に見せてください。

神楽岡泌尿器科は気軽に緊張せずに受診していただける病院です。病状がひどくならないうちにご相談ください。
神楽岡泌尿器科: 電話 0166-60-8580(営業日時をご確認ください)
» 神楽岡泌尿器科へのお問い合わせページはこちら

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

レシピ「しめじのマリネ」

脂質異常症の原因は高カロリー・高コレステロールなどにあります。そのため,カロリーやコレステロールを抑えた食事を心がけることが大事になります。

今回はそんなお悩みをお持ちの方にもぴったりな,栄養的に優れた低カロリー食品しめじを使ったマリネのレシピをご紹介いたします。

131210-01-2.jpg

調理時間

10分

材料(2人分)

ぶなしめじ 1パック(100g)
オリーブ油 10g
酢 10g
塩 0.5g
トマト 20g

作り方

(1)ぶなしめじはほぐし,耐熱皿に入れレンジ(500W)で2分加熱する。

(2)トマトは1cm角のさいの目に切っておく。

(3)水気をきった(1),(2)をオリーブ油,酢,塩で和える。

栄養成分表(1人分)

エネルギー 58kcal
たんぱく質 1.5g
脂質 5.3g
炭水化物 3.1g
ナトリウム 100mg
カリウム 211mg
食塩相当量 0.2g
コレステロール 0mg

テーマ : 健康
ジャンル : 心と身体

プロフィール

kaguuro

Author:kaguuro
神楽岡泌尿器科
http://www.kagu-uro.or.jp/


お問い合わせはおメール・お電話にてお受けしております。簡単に症状のなどのお問い合わせもいただけます。お気軽にお問合せください。

メール:kaguuro@gmail.com
電話:0166-60-8580
(営業日時をご確認ください)

※下記の内容は必ずお書きください。
お名前
年齢
性別
お問合せの内容
(病状・心配なことなどなど詳しく)
例:性病・尿失禁・前立腺・包茎・腎臓・泌尿器ガン・夜尿症・不妊症・その他

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
Facebookページ
google+ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
リンク
相互リンク大募集!リンクフリーです。勝手に貼っていただいて結構です。わざわざご連絡いただける場合は、お気軽に、トラックバック、メール、メールフォーム、コメントなどメッセージ送ってください。よろしくお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: